自己破産からの再生

自己破産を理由に会社からの解雇や減俸処分がたとえなく、借金から開放された生活を送れると言っても、やはり自己破産をしたという事実には自分自身が一番傷つくものです。なんとなく自分勝手に背負った借金を踏み倒した人だというようなレッテルが貼られていると勝手に思い込んでしまうのです。

しかし、自己破産は経済的に失敗してしまった人を社会的に救済するというれっきとした法的措置なのです。ですから、自己破産をした後はどうして自己破産をするまでに至ったのか、それまでの自分を素直に振り返り、今後の生活をきちんと計画立てて生きていくということがとても重要だと僕は思っています。さらに僕の場合は借金を繰り返し、自己破産にまで陥ってしまったことを知りながら離婚という道を選ばずそばにいて支えることを決めてくれた妻の存在がありました。

しかし僕の周りには家族の理解が得られず、自己破産後はやはり離婚という道に進み、家族がバラバラになってしまったというケースもあるのです。しかしそういった場合でも、借金を気にすることなく新しい生活に踏み出せるということこそが希望だとも思うのです。中には借金が癖になってしまい、自己破産をした後もまた借金に手を出してしまう人も多くいます。

自己破産後は、7年間は自己破産することはできません。そのために債権者も苛烈な返済取り立てを仕掛けてきます。その時こそが本当の地獄だという人もいるほどです。あくまでも自分の年収に見合った生活を送ることが重要です。周りの人に感謝し、自分の生活を振り返り、毎日をきちんと生きていくことが自己破産からの再生に一番重要なことだと、僕は思うのです。