老後の貯蓄を考える

新居で子どもと幸せに生活。子どもを育てるのも金がかかる。一番は教育費。大学を卒業させるまでに1,000万から2,000万円がかかると言われている。とはいっても”投資”の方法としてはこれが一番かもな。小学校から塾に通わせて私立の名門校に通わせて東大か医学部に行かせて自分が老いぼれたときに養ってもらう。

抗菌化学療法認定薬剤師制度 制度概要・申請方法 - 公益社団法人日本化学療法学会

 自分の子どもに頼りたくない、自分の子供さえ信じられないという人もいるだろう。そうでなくても自分の老後は自分で何とかしておきたい。"ゆとりある老後”に必要な生活費は夫婦で月35万~40万円と言われている。最低でも老後は約25万円は必要なのだ。これがどれだけ大きいものか分かるだろうか。

仮に定年後20年”生き延びた”としよう。すると25万×12カ月×20年=6,000万は最低必要。ゆとりを求めたら約1億円が必要なのだ。マイホームに教育費と出費は重なる一方だが、その一方でちゃんと老後の準備を始めておかなければならない。

認定薬剤師制度の概要 | 認定薬剤師生涯学習支援室 | 星薬科大学 薬学教育研究センター

退職金や年金をあてにしていてはだめだ。会社の退職金や企業年金は自分の退職後も企業の業績が下がらないことが前提だし、年金制度も変化することが考えられる。

病院にばかり通っていても調剤薬局は自分の財産を貯めこんでおく場所ではない。あそこはお薬を出しているところであろう。

仙台 任意売却はコチラ

今まで俺が教えてきた方法で貯蓄をし、老後も資産運用ができる体制を整えておくべきだろう。

家族がいる人は子どもの将来とかいろいろ責任があるから投資とかそううかつには出来ないかもしれない。大変だな。まあ、俺の場合は世俗離れした考えの持ち主だから独りでもさみしくないし自由にやっていけるのだがな。ただ若干欲しいと思うよ。あたたかい家族とか。若干ね。