英会話の必要性

皆さんは中学・高校と最低でも6年間は英語を勉強してきたと思います。しかし、6年間勉強をしたにもかかわらず、この記事を読んでいるという事は、“英語が身についていない”のでしょう。いや、中には英語はTOEIC900点以上(マークシート形式990点満点)の高得点を取った事もある人が居るかもしれません。しかし、この記事を読んでいるという事は、そう、“英会話”が出来ないのです。

引用元:仙台 こども英会話

英語の難しい問題がいくら解けようが、難しい専門的な単語をいくら知っていようが、英会話と英語の成績は関係がありません。ネイティブアメリカンであっても、英検の一級に合格できる人はそうそう居ません。日本人が漢字検定一級を持っていなくても普通に生活し、会話が出来るのと同じです。そこで、英会話教室に通う人が増えています。しかし、それでも英会話を習得できずに挫折してしまう人が多く居るのです。それは何故なのか。それは、日本における外国人の少なさが影響しているのだと考えます。

春から大学生だけど第二外国語何選べばいい? | ライフハックちゃんねる弐式

日本に居て普通に生活するうえで、英語やその他の言語を使う機会が圧倒的に少ないのです。いくら週に2,3回英会話スクールに通っても、教室を出たら日本語です。その為に、身近な感じもせず、又、必要性も感じない事から、英語の習得率は上がらないのです。現状だと、海外志向のない人にとっては英語は只の趣味にしかなりません。知っているからと言って得する事は、海外旅行に行ってある程度言っている事が解るという程度ではないでしょうか。

オススメの第二外国語は何? : web2ちゃんねる

但し、今後はどうなっていくでしょうか、外資系の会社も増えました、海外と取引する企業も増えました、様々な外国人が日本に多く入ってきてもいます。こうした点を考えると今後は確実に英語が必須になってくると感じます。簡単な努力を惜しんで、時代の波に取り残されるのか、少しの努力で波に乗るのか、それはあなた次第です。