Macとは

パソコンのOSとして、昔のMS-DOSから徐々に移行が始まり、一時期はWindowsとMacintosh(通称Mac)の2つのOSがシェアを2分していました。というのもMacはグラフィック系に非常に強いとされており、広告業界やデザイン事務所、それ以外にも趣味として、グラフィックを楽しむ人などを中心に根強い人気を誇ってきました。

JavaScript - Wikibooks

しかし、年々利用者は減少傾向にあるようで、近年はWindows系でもグラフィックなどに遜色無いような、ソフトが出てきた為、余程こだわりがあると言う人以外で、今でもMacが一番と言う人は少なくなっています。そもそもMacとはアップルコンピュータが製造販売しているもので、発売当初はグラフィック表示とマウスによる操作が搭載されている事で大きな反響を呼んだものです。

仙台 システム開発

その後WindowsとのOSのシェア争いで敗れた為、市場での占有率を減らしているのは、始めにも触れたとおりです。とはいうものの、アップル社自体は、Macのシェアが減少している現在、iPhoneの開発、販売拡大等により業績を伸ばしていますので、そのままMacが好調に売れ続けているよりも、結果としては良かったのかもしれないと言う事が、皮肉な事のような気がします。

一撃必殺JavaScript日本語リファレンス

とはいえ、もちろん今でもMacファンがいるのは事実ですし、グラフィックの専門家の方の中には、Macでしか表現できない部分があるというこだわりを持ち続けている方もいるわけですから、細やかな部分では、Windowsに対してのアドバンテージが現在もあり、流行の移り変わりの中でいつの日か、再び逆転する事があるのかもしれません。