相続登記でもめています。

もともと父親は10年以上前に他界しており、今年に入って母親のほうがなくなったのですが、私の兄ともめています。兄は父のお金の無心をするばかりで母が病気になってからも1度もお見舞いに来たこともなく、それどころか心配の電話も入れたことがないような人です。

遺言書キット - ライフイベントサポートシリーズ - コクヨS&T

母は6年近く入退院を繰り返し、その度介護は私達夫婦が行ってきました。兄は近くにいる私達が世話をするのは当たり前と思っていましたが、それはそれでいいと思っていました。でもそんな兄は母の死を境に「100万円だけ残して土地も現金も全部おれがもらう」と言い出したので大変です。

仙台 相続登記の紹介

兄は停職についておらず、今年45歳の独身でお金がないのはわかっていましたが、500坪位上の土地と、3千万以上の生命保険も全部自分のものだと言い張るのです。なくなった両親へは、私たち兄弟が心配をかけないことだということはじゅうじゅう承知ですが、いくらなんでも兄の行動には納得できません。

森鴎外 遺言三種

これは法律的に行って二人兄弟である私と兄の2人で当分に相続するのが妥当ではないのでしょうか。司法書士に相談すべきか悩んでいます。本当にお金が絡んだ争いは嫌です。しかもその相手が肉親である兄なのですから。