葬儀のマナーを学ぼう

日本の葬儀において、多くの人がとても気にするのがそのマナーです。場が場だけに、非常識な行為や行動は厳に慎むべき空気が充満しており、うっかりでは済まされない雰囲気というのがあるものです。

全国加盟葬儀社・斎場リストのご案内 | 福利厚生に新しい価値を | 全国儀式サービス

葬儀のマナーは非常に多数あり、全てを挙げることはできません。一例として服装に関するものを考えて見ましょう。弔問客は、まずは亡くなった直後の仮通夜に際し、喪服を着ていくのはマナー違反とされています。急ぎ駆けつけたのに、それを待っていたかのような用意周到さを避難する意味合いです。そのため仮に通夜であって、しかも時間的猶予がある場合でも、あえて地味な平服を着用する人も多いようです。もちろん喪服が基本であり、用意が出来なければ地味な平服でもいいというのが本来の主旨なはずですが、それが行き過ぎたマナーとなった感が否めません。

仙台市ペット葬儀火葬情報一覧

イブニングドレスで訃報を聞き、その足で駆けつけたらマナー違反であるなら、きちんと喪服に着替えてくるのもマナー違反というわけです。もちろん告別式は喪服でなければなりません。何かの都合で急にそれを知ったとしても、この場合は平服で駆けつけてはいけません。一方遺族に関しては、喪服でなければなりません。どんなに急な死であろうと通夜に際しても喪服着用です。葬儀に関わるマナーは他にも、言葉、香典、お布施、挨拶の順番、供花、弔電など数多くのものがあり、解釈もまちまちです。

仙台 葬儀の案内

葬儀には、遺族側にも、参列者側にも守るべきマナーがあるのです。しかし、それ以上に故人を偲ぶ気持ちが尊ばれるのが葬儀であり、遺族側には参列者に対する感謝の気持ちが、参列者には残された遺族を思いやる気持ちが、それぞれ触れ合う場でもあるわけです。故人は既に亡くなっており、その葬儀で何が起ころうと、どんな行動も起こすことが出来ません。ですから、おためごかしに故人をたてることは、非常に無礼な行為であり、儀式性や宗教観、あるいは俗説をタテにとって本来の「気持ち」をないがしろにすることもあってはならないのです。

まるで自分の行動が葬儀における正義であり、それが故人への最大級の弔いであるかのような勘違いをする輩もいますが、それも葬儀という特殊な状況が生み出すものなのかもしれません。人間性が現れるという点で、葬儀はとても恐ろしい場でもあるのです。なにより、故人を偲ぶ気持ちが無いこと、遺族を思いやる気持ちが無いこと、弔問客への感謝がないことが最大のマナー違反です。