BCAAの効果について

BCAAとは、必須アミノ酸といわれているもののうち、
バリン、ロイシン、イソロイシンの3つの必須アミノ酸への呼称ですが、
サプリメントの成分として知られているうちでは、
一番効果を体感できるサプリメント成分のひとつです。

健康体力研究所|BCAAシトルリンプラス

BCAAはまず、筋肉の組織の素材となりますから、筋肉づくりに役立つといえます。
BCAAには3種類の必須アミノ酸がありますが、そのひとつであるロイシンは、
特に筋力アップには大切なものです。

さてBCAAの必要性を理解するために、BCAAの効果と働きを見てみます。

1.筋肉の損傷を回復
アミノ酸は、そのほとんどは主に肝臓で代謝されます。
ところが、BCAAはその多くが筋肉に運ばれてから代謝されるのです。



なぜならば、筋肉のエネルギー代謝とBCAAは深い関係があるためです。

まず、激しい運動やウエイトトレーニングなどを行うと、
筋肉中のタンパク質が分解されるのですが、その時BCAAがエネルギー源として利用されます。

そこで減少したエネルギー源BCAAを補給すれば、筋肉の損傷を回復させることが出来ます。
したがって筋肉痛の軽減に役立ちます。

2.疲労を抑える
さらにBCAAは疲労の原因と言われている、
セロトニンの原料となるトリプトファンを抑え込みます。
つまり「疲労感を感じる」ことを軽減させるという効果があるのです。

たんぱく質(アミノ酸)を含んでいる食物を食べないと、
血漿中のBCAAは骨格筋のほうに取り込まれていってしまい減少します。

BCAAはトリプトファンを抑え込む働きがありますから、
骨格筋のほうへ取り込まれてしまい、量が減少し弱体化したBCAAでは、
トリプトファンを抑え切れず、トリプトファンが取り込まれやすくなります。
これにより疲労物質セロトニンの合成が促進されてしまいます。

ナチュアラ BCAA - ALA アミノレブリン酸

3.体の中の組織の修復
タンパク質を分解したものがアミノ酸です。
なので、タンパク質を含む食物を食べることにより、
その食べ物は胃や腸で消化・吸収され、アミノ酸に分解されます。
これらのアミノ酸は、体内の組織の修復のために働くのです。

4.ダイエット
BCAAを摂取しながら運動を併用していくダイエットは非常に効果が高いです。
( アミノ酸ダイエット )

5.脳に与える効果
脳をスッキリさせる働きがあるため、仕事や勉強の効率が高まります。
何故ならば、BCAAはグルタミン酸の合成の材料となるからです。
( グルタミン酸=脳の神経伝達物質 )
ただし血液中のBCAA濃度が保たれている事が大切。