ブレーキのメンテナンスについて

ブレーキのトラブルは、そのまま事故に直結する可能性が高く、十分な注意が必要となりあす。ありがちなトラブルとしては、坂道や峠のカーブなどで、ハードなブレーキングを行うことで起こりがちなフェード現象。ブレーキの加熱により、油圧配管内のフルードが沸騰し、気泡を発するベーパーロック現象などが上げられます。特に後者はブレーキペダルの圧力がきちんとピストン部に伝わらず、ブレーキが利かない状態に陥ることで非常に危険です。

あなたの車を100%に近づけるために ≪ カーオーナーの皆様へ ≪ ボッシュ カーサービス ≪ ボッシュ・イン・ジャパン

上記の危険を念頭に置いた場合、ブレーキパッドの交換時期については、一般的に2~3万キロメートルの走行をひとつの目安にすべしと言われています。ご存じのように、ブレーキは摩擦によって、速度エネルギーを熱エネルギーに変え、それを外気に放出して減速・停止を行っています。『ブレーキパッド』とか『ブレーキシュー』と呼ばれるのはこの摩擦を発生させる部分です。当然、使えばその分だけ減ってゆき、そのまま使い続ければ、最終的に限界まで摩耗してしまいます。

自動車修理 仙台

摩耗する部分をライニングと呼びますが、新品で購入した自動車は10ミリ程度の厚みがあります。これが半分の5ミリを切れば、その段階で交換を検討すべきで、それこそ2~3ミリくらいに減少しているのなら、すぐにでも交換の必要があります。また中古車に多いケースですが、ライニングに充分と思われる残量があったとしても、経年劣化については考慮すべきです。年数が経過したものは、場合によっては非常に硬化が進んでおり、ブレーキの効きが低下していることがあるからです。

一般社団法人 新潟県自動車整備振興会|新潟県自動車整備商工組合|認証工場について

安全で快適な運転のために常にブレーキは良好な状態でなければなりません。ブレーキは、走行中のスピードをコントロールし、突発的な危険を回避するという、最重要な役割を果たす部位であると考え、こまめにチェックしておきましょう。